TOP > わくわく広場 > 夢工房なんでも情報

夢工房なんでも情報

2018年12月21日生活発表会

先週末に私の子ども(1歳児クラスと3歳児クラスの2人がいます)が通う保育園で生活発表会がありました。

 

1歳の子どもはあひるのヘルメット(帽子?)をかぶって、白いかわいい布を着せられ登場。

着てるというより、着せられている感じがまた1歳児という感じで、登場だけでかわいかったです。

一人ずつ名前を呼ばれ、うちの子は蚊の鳴くような声で『はい・・』というのが精いっぱい。たくさんの観客で緊張しているようでした。

先生方が作った木の絵の後ろに隠れたかと思うと、コアラになって登場。先生の『あひるが生まれ変わって、コアラになりましたあ~』の説明に、私は一瞬ピンとこず『???』

よく聞くと、今、あひる組で、次の4月からこあら組になるということで、あひるからコアラに変身したようでした。

納得しつつ、こんな短時間のために、子ども一人ひとりの頭に合わせて、ぴったりのヘルメット(帽子?)を2つも作ってくれて感心しながら見ていました。

ただ舞台裏で着替えさせるときに、子どもがスピードについていけなかったのか、緊張の糸が切れたのか、コアラで登場の時には、3~5人ぐらいが大号泣。それもまたかわいい。と許されるんですけどね。

 

上の4歳の子も、今年は動物シリーズ。子どもが3~4人ずつグループでいろんな動物になって、森のお風呂に入りにいき、最後に、みんなでドリフターズの”いい湯だな”を歌って踊るというものでした。

うちの子どもはキリンになり、片手を伸ばして、つま先立ち歩きで登場。さすが3歳児クラス。みんな、声も出ていて、しっかり踊れていました。

 

我が家に帰って、大事にされている3つのヘルメット(帽子?)おやつを食べる時、TVを見る時、お絵かきする時、二人とも気分がのった時によくかぶっています。1歳の子はあひるとコアラを選べるので、目移りしてます(笑)

生活発表会、日ごろの成長も見れて、もちろん楽しみなのですが、ヘルメット(帽子?)のおかげで、これからまた1年間お家でも楽しく遊べます。

保育園に感謝です。

 

販売促進部 三木

©2005-2011 YUMEKOBO Co.,Ltd. All rights reserved.