TOP > わくわく広場 > 夢工房なんでも情報

夢工房なんでも情報

2018年02月10日変なホテル、変なレストラン、変なバー

ハウステンボスの変なホテルに泊まってきました。

AIの体験!わくわく!!

当然、フロントは、無人。怪獣さんや、アンドロイドのお嬢さんがお迎えです。

音声も入力できるが、主にタブレットで、チェックインする。カードキーが発行される。

もし、チェックインタイムより、早く着いて、荷物を預ける場合は、ロボットアームが動く荷物預かりの自動倉庫に預かってくれる。場所によっては、カート型ロボットが荷物を運んでくれるのもあるようだ。

そして、カードキーに書かれたお部屋に行くと、ドアの開閉のための顔認証キーの登録が簡単にできて、後は、顔認証でロックがはずれてくれるので、これは、とても便利。

お部屋には、ご用を聴いてくれるロボット人形がお出迎え。

電気をつけたり、消したり、空調のコントロールなど音声で対応してくれるというが、なかなかうまく使えなかった。

変なレストランは、主にアーム型ロボットがお好み焼きを作ったり、ソフトクリームを作ったり、コーヒーを入れたりしてくれるが、アームの動きが、なんだかまどろっこして、自分で注ぎたくなる。

変なバーは、遠隔に、実人間が1人いて、こちらは、タブレット上のアンドロイド風の娘さんと会話する。こちらの映像は、向こうに写っている。

飲み物は、注文を促されて、注文し、マシーンにお金を入れると、カウンターで自動的にビールや、ハイボールやカクテルが注がれる。

タブレットに話しかけるので、向こうの表情が伝わらず、あまり楽しくはなく、さびしい一人暮らしの話し相手程度なのかな?

不特定多数に対する、AIロボットの活用は、省力化ということでしょうから、学習能力を発揮したとしても、温かみみたいなものは、感じられない気がする。人型ロボットで、表情も豊かになってくれば、無愛想な人よりは良いかも知れないが、まだまだ、かっこいいボーイさんや、すてきな女性の方がいいなと感じた変なホテル体験でした。

追加で、セグウェイにも乗ってきました。

これは、すごい!

安定していて、初めてでもこけることもなく、すぐに、すいすいと乗れるようになる。

アクセルももブレーキもなく、方向転換のハンドルはあるが、身体の重心位置を感知して、行く方向を判断してくれて、コントロールできる。坂道も、でこぼこ道もすいすい。

ハウステンボスの園内の体験コーナーのみなので、時速6kmに制限されていて、慣れると物足りなくて、残念でした。 (田中)

©2005-2011 YUMEKOBO Co.,Ltd. All rights reserved.